Share this Job

財務部門, 数理グループ, グローバル数理モデリングチーム, スタッフ/アシスタントマネージャー, GG10-11

Apply now »

Date Posted: Jul 28, 2022

Location(s): Tokyo, JP

Company: MetLife

職務内容: 生命保険商品の収益計算ソフトウェアの開発・管理

1) 収益計算ソフトウェア(Prophet, DCS, PathWise)の開発

2) 業務に必要なシステムやツールの開発(Python, Excel, VBA)

3) 収益計算ソフトウェアのロジック分析等のユーザーサポート

 

会社の重要指標のひとつである将来収支に関するソフトウェアの開発を通じ、経営状況・将来の戦略等をいち早く触れる事ができ、経営判断への貢献を実感できます。

日本の他のチームだけでなく、アメリカやインドのチームとも協力する業務のため、日本語と英語の両方でコミュニケーションする機会が得られます。

アクチュアリーを目指す方々にとっては、幅広く保険数理に関する動向の変化に触れることで、アクチュアリーとして分析能力や解決能力を身につけることができます。

また、アクチュアリー試験対策として会社から学習時間を提供する制度があり、社内勉強会など周辺知識を学ぶ場も提供されます。

本チームにおける数年間の経験の後、希望により、ローテーションで別のチームの業務を経験することも可能です。

 

経験・スキル・資格・学歴(必須)

1) 生命保険会社の数理、収益管理、商品開発、ファイナンス系の業務経験あるいはIT部門等でのプログラミング業務経験(5年以上)

2) プログラミングスキル(言語は問わないが、基礎的なスキルを有していること)

3) 日本語(母国語レベル)、英語(文章や口頭による基本的なコミュニケーション)

 

Responsibilities

1) Development of actuarial calculation software (Prophet, DCS, PathWise)

2) Development of systems and tools necessary for business (Python, Excel, VBA)

3) User support such as model analysis of actuarial calculation software

 

Through the development of actuarial software to project reserves and cash flows, it is possible to get an understanding of the management situation, future strategy, and the link between the own work and management decisions.

Working with other teams in Japan as well as teams in the United States and India provides the opportunity to communicate in both Japanese and English.

For those who are trying to pursue a career in actuarial, by touching a wide range of changes in actuarial trends, it is possible to acquire analytical and problem-solving skills as an actuary.

As a preparation for the actuarial exams, there is a system that provides study time, and in-house study and knowledge sharing sessions are being held.

After several years of experience with this team, it is possible to transfer to other teams through rotation, if desired.

 

Requirements (Experience, Skills, Education)

1) Experience in life insurance company's actuarial, profit management, product development, finance business, or programming in IT area (more than 5 years in total)

2) Programming skills (any programming language)

3) Japanese (native language level), English (basic communication in writing and verbal)