プロジェクト管理推進部, プロジェクト管理ユニット, プロジェクトマネージャー, GG10

日付: 2024/03/21

場所: Tokyo, JP

会社: MetLife

Our Company:
メットライフはニューヨークに拠点を置き、150年以上の歴史をもつ世界有数の生命保険グループです。メットライフジャパンは日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始しました。常にお客さまを中心に考え、時代の変化に合わせて、革新的な保険商品を開発しています。また、デジタルトランスフォーメーションを軸とした先進的・革新的な大規模プロジェクトを次々と実施し、企業価値の向上に努めています。直近のプロジェクト事例としては、

  • お客様むけ・バックオフィス向け各種手続きのデジタル化
  • 営業プロセスのデジタル化/新しいセールス・モデルの構築
  • 商品開発サイクルの高速化
  • 古いシステムの基盤の刷新 

等があります。今後の計画としては、Generative AI等を駆使して更なるdigital experience(DX)化を進め、ペーパーレス化などによるSDG’sを加速させる事により、最もお客さまに選ばれる生命保険会社を目指しています。

 

Our Team:
プロジェクト管理推進部はメットライフ生命の成長戦略を担う重要なプロジェクトを成功に導きリードすることをコミットしたプロフェッショナルな組織です。私たちのVisionは、「ステークホルダーの満足を最大化するための役割を果たし、プロジェクト成功を通じて会社の発展に貢献する」ことです。
当社の役員など経営層とも非常に近い関係性となり、かつプロジェクトの構想段階から関与するため、会社戦略・今後の方向性を直に感じることができる魅力的な組織です。
加えて、近年はAgile方式でのプロジェクトデリバリーを推進しています。私達はこの戦略的な取り組みをリードし、実行をサポートする意欲のあるプロジェクトマネージャーを募集しています。
 

職務内容:プロジェクトマネジメント
プロジェクトの一員として、戦略的なイニシアティブを担当し、ビジネス・ITのリーダーやプロジェクトメンバーとの緊密な連携を通じて、その実行を管理・推進します。

プランニング

  • プロジェクト立ち上げや各種資料の作成(ロードマップ、Work Breakdown Structure、ガバナンスドキュメント、レポートテンプレート、マネジメントとの討議資料、議事録等)

コーディネーション

  • ステークホルダー・マネジメント(Senior Managementとの協業体制の構築, プロジェクトリードのサポート等)
  •  ビジネス、テクノロジー双方とパートナーシップを構築、協働チームおよびコミュニケーションの促進

実行

  • プロジェクトガバナンスの実施(タスク、進捗、課題、リスク等の管理)
  • 課題解決、リスク軽減のための提案、支援
  • 報告書やプレゼンテーション資料の作成
  • 予算、ベネフィットの作成支援

プロモーション

  • アジャイルプロジェクトデリバリーの推進

 

必須業務経験・スキル:

必要な経験・知識

  • 5年程度の業務/実務経験
  • 3年程度のプロジェクト経験
  • プロジェクトガバナンス策定経験
  • 各種報告資料の作成経験
  • プロジェクト管理手法の知識

必要なスキル

  • 日本語でビジネスレベルの文書作成が出来ること
  • 英語のビジネスレベルの文書を理解できること
  • 高いコミュニケーション能力 (対AVP,VP含む)
  • プレゼンテーション資料作成
     

その他尚可経験・スキル:

  • プロジェクトでのリーダーシップ経験
  • PMP, Prince2, SAFe etc
  • 上記文書作成スキルに加えて、英語でのコミュニケーション能力
  • Agileでのプロジェクト経験
  • システム開発経験・開管理経験
  • ツール(AzDo, MS office etc)を使った進捗・Risks・Issues管理
  • 金融/保険業界での業務経験
  • 多国籍チームでの業務経験
  • BA/要件定義スキル/経験

 

その他条件:以下のパーソナリティの方が望ましい

  • 自発的
  • 人・チーム志向
  • 高い適応能力
  • 粘り強い
  • 参加型のプロジェクト管理志向
  • 戦略的思考
     

学歴/資格:

  • 大学卒以上
  • 日本語:流暢、英語:ビジネス文書の読解、メール

 

このポジションの魅力: 

社内組織の様々な階層のグループ・個人と協業できるプロフェッショナルであることが求められます。メットライフのビジネスを幅広く学べる極めて優れた機会であり、リーダー/シニアマネジメント層への露出の機会にも恵まれたポジションです。